「爪切り爪ケアの7つの間違い」まとめ

7日間で学んできたこと

さて、今日まで7日間で爪切りと爪ケアについて学んできました。

スポーツをする上で、爪のコンディショングで特に重要なことは…、

爪圧」を最大化する爪切り爪ケアを行うと、スポーツパフォーマンスは向上する

この7日間の話は、すべて「爪圧」に通じ、爪圧をいろんな角度から話してきました。

初めて聞いたこと、中には知っていたこともあったと思います。

知っていて以前にやらないと決めたのなら良いですが、ただ知っているだけでやらなければ意味がありませんよね。

この7日間で伝えたことは、アスリートの爪のコーチングをした経験を活かし、超基礎の基礎で爪をスポーツに活かす上で、とても重要なものばかりを厳選しました。

7つのどの方法も継続すれば良い結果を得られるものです。ぜひ実践してください。

爪の形は人それぞれ。やるスポーツも違えば、指先の使い方も変わる

今回、スポーツする爪の基本をお伝えしましたが、より良く効果を発揮するには、スポーツするみなさんの特異な状況(競技、ポジション、プレースタイル)によって、この理論をベースにそれぞれにみなさんにアジャストしていくことが必要です。

アジャストしていく内容の一例を挙げると、例えば以下のような方法があります。

  • 競技背景のヒアリング
  • 適切な爪の形の設計
  • 爪の怪我の履歴から導く予防方法
  • ケア用品の選別
  • 爪の保護と補強をするネイル技術
  • 半年先を見据えたスポーツ爪の改善計画

爪をコンディショニングして、爪圧を高めるということは、個々の状況に応じた判断がとても大切になります。

ぜひ日々のトレーニングで意識し続けることが結果につながりますので、自分のメニューを見直しながら、トレーニングの一環として取り入れてください!

「でも、どのようにしていたらいいのか?」と迷っている方は、このままもう少しだけ読み進めてください。

私が爪を職業にしようと思ったワケ

遅くなりましたが、改めて自己紹介させてください。

私は、大塚裕司と言います。肩書きはアスリートネイルアドバイザーという爪の専門家です。一般社団法人アスリートネイル協会が認定するこの専門職は、現在全国に14人しかいません。

ラジオ出演、セミナー登壇、雑誌取材など各地でスポーツと爪の大切さを伝える活動をしています。

私はもともと市民ランナーでした。東京マラソンを含めフルマラソンを走っておりました。

その私が、なぜ爪に興味を持ち、専門家になるにまで至ったのか?

私は、東京マラソン2011年大会で完走した後、両足の薬指、小指の爪が完全に取れてしまったことに始まります。当時は、気にしていませんでした。歩いても痛くないし、爪だからそのうち生えてくるだろうと。

なのでより良いタイムを目指し、トレーニングを継続したものです。しかし、爪が取れてから3ヶ月ほどした時、右膝に痛みを感じるようになりました。

医者に行ったら、走り方に癖があるのだろうと。しばらく軽めのジョギングに留めてくださいという診断でした。確かに私はアンダープロネーション気味の癖があります。

しかし、私は医師の診断に納得いきませんでした。爪が取れる前よりもトレーニング強度は落としていたし、癖を知ったいたからこそインソールで補正はしていました。それなのに「なぜ膝が痛くなるのか?」答えのないもどかしさを感じながら、練習する日々が続きました。

そんな時に出会ったのが、アスリートネイル

爪を失うと、本来は爪が受け止めるべき力がなくなることで体の防御機能が働き、バランスを保つために膝などの関節に無理な負荷がかかり傷める事実を知ったのです。

本当に衝撃でしたね。

以来、この問題を一人でも多くの人に知っていただき『 爪で悩み苦しむアスリートを一人でも多く減らしたい 』という想いが強くなりました。

そこで創設したのが、日本初の爪の機能に特化した「爪のコンディショニング専門メディア|アスリートサロン」です。

スポーツと爪についての情報を発信し、ありがたくもホームページを訪れる方が日に日に多くなり、今回のオンラインコーチングを作るに至りました。

爪で日本スポーツを強くする

これは、アスリートサロンの理念です。

トップアスリートだけでなく、アマチュアや市民スポーツも含めて、一人ひとりに寄り添うことで、爪からスポーツがある人生を謳歌していただきたい。

そのためにしっかりとサポートしていく考えです。

・もし爪に悩みがあるなら、
・スポーツ技術をもっと高めたいと思うなら、
・爪をより良く改善して大会で優勝したいという気持ちなら、

ぜひLINEをください。簡単なメッセージのやりとりなら、無料でお答えできます。私があなたの爪の相談先になります。

アスリートサロンは役立つ情報を配信します

LINEでは定期的に爪のコンディショニングに役立つトピックスを発信していきます。引き続き、友だちを続けてくださいね。万が一のトラブル相談先としても、あなたを支える力となります!

一般社団法人アスリートネイル協会認定
アスリートネイルアドバイザー
認定証No. 160117 大塚 裕司

>『9割の人が知らない爪切り爪ケアの7つの間違い』チェックリストを無料ダウンロードする

『9割の人が知らない爪切り爪ケアの7つの間違い』チェックリストを無料ダウンロードする


スポーツする上でアスリートに欠かせない爪!
爪がなければ、掴む、投げる、走る、跳ぶことすらできない。
全身の力が集まる指先の爪ケアは、望むプレーを叶えます。

これは、アスリートの爪のコンディショニングを支援してきたノウハウと生の声を詰め、スポーツ専用に最適化した「爪ケアの基本チェックリスト」です。

- 爪はアスリートの生命線 -
コロナで自宅ケアの今こそ、爪を見直し自身のパフォーマンスをコントロールしましょう

『 LINE 友だち追加 』で爪ケアのチェックリストを無料プレゼント!

友だち追加

CTR IMG