チェック1「手も足も、爪先の白い部分を全部切ってもいい」は、NG!

爪切りの使い方
爪先の先端の白い部分はすべて切ってはいけない

なぜ、爪先の白い部分を全部切るのはNGなのか?

プロ選手のカウンセリングをしていると、半数ほどの人がこの点について驚かれます。

  • 「爪が引っかかる部分なので切りたい」
  • 「白い部分は爪が伸びている証拠」
  • 「爪の白い部分はいらないもの」

そんな声がよく聞こえてきました。

今回の特典のチェックリストでは、一言コメントで、こう伝えていました。

「爪は短く切っても爪の先端は白くなる特性がある。繰り返すことで深爪に陥る」

これには医学的にも根拠があります。50年に渡り爪疾患の変形の発生機序、原因、治療法等について研究をしている皮膚科医 東 禹彦(ひがし のぶひこ)先生によると、

爪甲遊離縁の白濁部が気になるという人もいるが、爪甲を短く切っても、爪甲先端は白濁するものであるので、白濁部をすべて除去するのは誤りである。

爪 基礎から臨床まで 改訂第2版 | 東 禹彦

「爪甲遊離縁の白濁部」とは 爪先 の爪の白い部分のことです。下の図も参考にしてください。

爪の構造と各部位の名称
爪の構造と各部位の名称

これを切って爪をピンクの部分のみにしても、のちに白濁してくる、というのです。その理由は、細菌の侵入を防ぐことにあります。

ピンクの部分は、爪とくっついている皮膚の部分(=爪床)ですが、白い部分がないと爪に外から衝撃があった際に、怪我しやすく出血をしてしまいます。つまり皮膚の切れ目ができることになるので、細菌が体内に入りやすくなるのですね。

サマリー:爪先 の白い部分を全部切ることがNGの理由

  1. 外からの衝撃で怪我しやすく、細菌の侵入を防ぐため
  2. 白い部分を全部切ることを繰り返すことで、どんどん深爪を招くため

正しい爪の切り方は、どんな切り方?

それでは、正しい爪切りは、どのようにしたら良いのでしょうか?

ここでまた、東 禹彦 先生の言葉を借りましょう。

爪甲の長さは爪甲背面から見て、指先の皮膚がちょうど隠れる長さは必要である。

爪 基礎から臨床まで 改訂第2版 | 東 禹彦

つまり、指先の輪郭に沿った長さに整えることが良いのです。人によって爪の大きさは変わりますが、基本的には同じです。

ピンクの 爪床 の大きさは一切気にせず、指の輪郭を見て長さを調整しましょう。

スポーツに最適な爪の形「スクエアオフ」

爪はいろんな形に整えることができます。美容やおしゃれ目的だと先端を尖らせるような形もありますね。

しかし、スポーツする場合には、おすすめできる形は一つしかありません。それが「スクエアオフ」という形です。

スクエアオフの意味は、四角形(=スクエア)の爪の角の部分を落とす(=オフする)ということ。ネーミングが分かると覚えやすいですね。

やり方は、爪やすりを使って、爪先の部分は丸みをつけず一直線にまっすぐ整えます。

整え終わった後は、角の尖った部分を爪やすりでなだらかになぞり、角を少し丸くします。

具体的に図に示すと、次のようになります。特に足はこの形を守ってください。巻き爪予防につながります。詳しい理由は、また追って説明しますね。

正しい爪切りの図解
爪先が指先から出ないように
正しい爪切りの図解(平行線あり)
爪の根元と平行に切る

下の図のように、指の形に合わせて丸く切ったり、爪の根元と平行にならないように切るのは、やってはいけません。

正しくない爪切りの図解
指のラウンドに合わせて切るのはNG
正しくない爪切りの図解(平行線あり)
爪の根元と平行になっていないのもNG

こうすることで、手も足も指先にしっかりとパワーをかけることができるようになります。

ちなみに、なぜ、根元と平行でないといけないのか?

それはスポーツする上で、爪の形をアシンメトリーに変形させることは、パフォーマンス発揮に繋がらないからです。

この件についても次回以降で詳しくお話しますね。

サマリー:スクエアオフが良い理由

  1. スポーツする上では、パフォーマンスを最大限するため
  2. 怪我の発生を最低限にするため

この2番目の「怪我の発生を最低限にするため」は、チェック2の「爪の形は、円を描くように丸く切るのはNG!」にも関わってきます。

それでは、次回はスクエアオフが良い2番目の理由を爪の形から解説しましょう。

次回は、爪の形を整える一番大切なキーワードも公開します!ぜひ楽しみにしてください。

>『9割の人が知らない爪切り爪ケアの7つの間違い』チェックリストを無料ダウンロードする

『9割の人が知らない爪切り爪ケアの7つの間違い』チェックリストを無料ダウンロードする


スポーツする上でアスリートに欠かせない爪!
爪がなければ、掴む、投げる、走る、跳ぶことすらできない。
全身の力が集まる指先の爪ケアは、望むプレーを叶えます。

これは、アスリートの爪のコンディショニングを支援してきたノウハウと生の声を詰め、スポーツ専用に最適化した「爪ケアの基本チェックリスト」です。

- 爪はアスリートの生命線 -
コロナで自宅ケアの今こそ、爪を見直し自身のパフォーマンスをコントロールしましょう

『 LINE 友だち追加 』で爪ケアのチェックリストを無料プレゼント!

友だち追加

CTR IMG