咬爪症

  • 2020年8月21日
  • 2020年8月21日
  • 未分類

咬爪症(こうそうしょう)の概要

咬爪症 は爪を噛む癖のことで、咬爪癖(こうそうへき)とも呼ばれます。咬爪症の概要を表にまとめました。

症状爪を噛むことにより爪の形を変形させ爪の表面がでこぼこになったり、爪先を噛むことで爪が短い深爪の状態が続く。他にもささくれや爪周りの傷口から細菌の感染を起こす場合もある
原因周りの環境変化によるストレス、または精神的なプレッシャーを感じることが挙げられる
なりやすいスポーツ本人のメンタルバランスとの関係が強い傾向にあり、スポーツ競技で分けることは難しい
注意事項爪を噛み行為によって炎症、化膿、感染症、骨髄炎などより大きなトラブルに発展する
対処方法一番良い方法は、爪を噛まないようにすることだが、まずは自分自身がどんな時に爪を噛むのかを知り、爪を噛む原因と対峙することが大切

咬爪症をもっと知りたい

咬爪症のより詳しい情報は、以下のページをご覧ください。

”咬爪症について詳しく知ろう”

記事レベル 【この記事は、4分で読めます】爪がでこぼこしていたり、深爪になっていたりしませんか?それは爪を噛んでいるからかもしれません。爪噛[…]

咬爪症のことならアスリートネイルトレーナーに聞こう

”爪の専門家アスリートネイルトレーナーに相談する”

爪の専門家 ネイルトレーナーの他、アスリートのパートナーとなる各分野のトレーナーを紹介します。[…]


これがスポーツパフォーマンスを上げる最も簡単な方法です

今、アスリートサロンLINE公式アカウントを友だち追加すると、アスリートの爪のコンディショニングを支援してきたノウハウと生の声を詰め、スポーツ専用に最適化した「爪ケアの基本チェックリスト」を無料プレゼント!

爪は、アスリートの生命線

『 LINE 友だち追加 』で爪ケアのチェックリストを今すぐ無料でもらう

友だち追加
PR
この記事が気に入ったら、いいね!しよう
>『9割の人が知らない爪切り爪ケアの7つの間違い』チェックリストを無料ダウンロードする

『9割の人が知らない爪切り爪ケアの7つの間違い』チェックリストを無料ダウンロードする


スポーツする上でアスリートに欠かせない爪!
爪がなければ、掴む、投げる、走る、跳ぶことすらできない。
全身の力が集まる指先の爪ケアは、望むプレーを叶えます。

これは、アスリートの爪のコンディショニングを支援してきたノウハウと生の声を詰め、スポーツ専用に最適化した「爪ケアの基本チェックリスト」です。

- 爪はアスリートの生命線 -
コロナで自宅ケアの今こそ、爪を見直し自身のパフォーマンスをコントロールしましょう

『 LINE 友だち追加 』で爪ケアのチェックリストを無料プレゼント!

友だち追加

CTR IMG